アジアパシフィック冷蔵倉庫 - 投資家向けガイド 日本語抄訳版

アジアパシフィックリサーチが発刊したAsia Pacific Cold Storage - An Investor's Guideの主なポイントを日本語に翻訳したものです。主にこれから投資を考える企業に向けて、冷蔵倉庫の形態や投資手法を解説したレポートです。

内容

温度管理が必要な商品の保管や出荷を行う冷蔵倉庫(コールドストレージ)の需要は、食品のオムニチャネル販売、医薬品の輸出入の増加などにより、増加が見込まれます。

コールドストレージは、普通倉庫に比べて賃料も高めでリース期間も長期にわたる傾向があります。

投資家にとっては、設備費用や運用費用、管理にあたって専門知識が必要であることなど、超えるべきハードルは通常の倉庫に比べて多くなっています。

コールドストレージへの投資を進めるに際しては、BTS、デベロッパーとのパートナーシップ、セールズ&リースバックなどが推奨されます。